2009年04月25日

エズ〜ニース、エズからニースはバスで移動。

昨日、相当疲れたのか、今日の朝も遅かった。

朝食は付いていなかったこともあるが、そうという遅かった。

チェックアウトも遅かったので、ほんとよかった。

起きた後は、部屋のジャグジーにもう一度入った。

それから、荷造りをして、チェックアウト。

朝と昼を兼ねた食事は、エズのもう一つのホテルであるシャトー・エズのレストランで取った。

こちらも、シェーブル・ドールに負けないほどの高級レストラン。

まず、アペリティフにキールロワイヤルとミモザを注文しました。

というのも、レストランがまだ準備されていなかったので、バーでお酒を飲みながら、待つことに。

アペリティフと一緒に出された、オリーブもまた美味。

料理は、シェーブルドールには勝てないが、これまた良し。

その後、シェーブル・ドール宿泊者しか入れない海の面したソファーに行くことに。

天気も良く、日差しも気持ちいい。

エズのホテルに泊まると、このようなバカンスを過ごせるのはうれしい限りだ。

エズはもはや観光スポットで、日本人観光客も多い。

しかし、エズのホテルに宿泊する人はほとんどいない。

少しお金はかかるが、エズに来るなら、エズのホテルに泊まりたい。

エズのホテルに泊まると、このようなエクスクルーシブな体験ができるからだ。

エズでは本当にまったりした一日を過ごした。

そのほかにしたことといえば、
◎教会に行く。(たまたま結婚式をしていた。そこで出会ったエズの人は、なんと先月京都に来ていた!)
◎おみやげを買う。(フラボナールでたくさん買いました。)

その後、バスに乗ってニースに帰るのですが、みやげもの屋さんのパリっ子が言うには、
◎あのバスはいつくるかわからないから要注意
という。

そこで、ひとまずバス停で時間だけチェック。

そして、念のため、30分前からバス停で待つことにしました。

予定時間は少し過ぎていましたが、ほとんど定時にバスは到着。

そこから、終点のニースまでバスに乗ることに。

ニースでは、長距離バスステーションにバスが到着。

マセナ広場まで歩ける距離なので、歩いてマセナまで行きました。

ホテルはマセナから近かったので、よかった。

明日は日曜なので、お店はほとんどが休み。

だから、夕方にニースについてからは、ラファイアットなどでみやげ物を買うことにしました。

プロバンスの服や雑貨をゲット。

夜は、ニースの郷土料理を食べに、旧市街に行きました。

ここはレストラン集積地域。

いろいろ見た後に、郷土料理ばかりを集めたプレートがあるお店に決定。

しかし、この郷土料理がほんと口に合わなかった。

ムール貝のパスタはそこそこいけたが、オリーブオイルが多くて、翌朝胸焼けをすることに。

このレストランは失敗だったかな。

そこそこ安かったのだが・・・

翌日は、飛行機でニースからパリまで飛ぶ前に少し時間があるので、シャガール美術館に行くことに。
posted by 美食トラベラー at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。